冬の肌お手入れ

冬の時期のお手入れ方法を紹介していきたいと思います。

冬は、空気が乾燥してシワが増える時期なのです。水分や皮脂の不足がシワや肌のかさつきの原因です。気温が低くなることで皮脂量が減ってしまいますし、暖房を使うことと、冷たい乾燥した風に当たることで皮膚の水分が奪われて、肌の乾燥も進みます。


水分量は年齢と共に減っていき、水分を保持する力も低下していくので、年々肌の乾燥を気を付けたほうがいいでしょう。
肌表面の水分が失われてしまうと、角質層に細かいひびが入って小ジワになります。その小ジワは、お風呂に入って上がる頃には、ほとんどが消えています。乾燥で原因なので、お風呂で保湿されたため目立たなくなります。お風呂上りに放っておくとまた乾燥してしまうので、お風呂上りにすぐ化粧品などを使いしっかり保湿しましょう。しっかりケアすることで消すことが出来るので、小ジワがある時は保湿をしっかりし、深いシワにならないようにしましょう。
基本は、毎日の洗顔とケアです。顔を洗う時や吹く時は、ゴシゴシしないで優しくするようにしましょう。洗顔料は必ず泡立てて使いましょう。洗顔後は、化粧水などは肌が乾燥する前に必ずつけるようにしましょう。瞼などは忘れがちですが、しっかり付けましょう。

5分以内が目安です。そして、お湯の温度も熱すぎず約33度くらいのお湯を使うようにしてください。


食事も大切ですので気を付けてください。

皮膚はタンパク質で作られているので、タンパク質をしっかり摂ることで、保湿力をアップさせましょう。また、ビタミンを摂ることも保湿力をキープすることも出来るのです。大豆は、良いタンパク質が摂れますし、豆腐や納豆はカロリーも低いのでおすすめです。

他にも、βカロテンなどのビタミンを多く含む緑黄色野菜を摂ることも大切です。


冷水やカフェインは代謝を下げてしまいますし、飲みすぎると腎臓や胃腸に負担がかかってしまい、浮腫みの原因にもなってしまいます。
そして、睡眠もしっかりとりましょう。美肌には、やはり睡眠が大切で、睡眠不足はお肌の大敵です。なので、夜更かしは避け早めに寝るようにしましょう。

良質な睡眠を摂ることで、お肌のターンオーバーを整えてあげることが大切です。


遅くても12時くらいには寝るようにして、最低でも6時間以上は眠るのが良いでしょう。寝る時は、足元を温かくして、肌触りの良い布団を使うと、良質な睡眠に繋がります。

アロマが好きな人は、寝る時にリラックス効果のあるアロマをして寝ることもいいかもしれません。


冬のダメージは特に弾力の低下やシワ、たるみ、毛穴の開きなどの症状が出ます。

冬の空気が1年で最も乾燥が激しく、肌の水分を奪っていきます。ですので、スキンケアも1年中同じケア方法ではいけません。他の季節と同じケア方法をしていると、すぐに乾燥してしまい、シワやたるみなどの原因になります。そして肌の老化を招いてしまいます。


暖房での乾燥は、重要なことは、部屋の環境を気を付けましょう。暖房を使うのは仕方ありませんが、乾燥に気を付け湿度をあげましょう。温度が高いのに湿度が60%以下だと、肌が水分が失われ乾燥してしまうので、加湿器などを使い湿度を60%以上に保つように気を付けましょう。湿度計があるならこまめにチェックするといいでしょう。

冬に朝起きた時に、「喉が渇いた」なんてことはありませんか?そう思った時は、肌も同じような状況になっているので、気を付けるように気を付けましょう。


他にも、皮脂の分泌の低下もあります。低下してしまうと肌がかさつき、痒く、化粧のノリが悪くなってしまいます。皮脂は、肌の水分を保つ、刺激から肌を守るといった大切な働きがあるようです。ですが寒くなると、皮脂の分泌が低下します。皮脂が不足すると、水分が蒸発していまい、刺激に対しても無防備になっている状況です。そのため、カサカサして、化粧のノリも悪くなるのです。
そういった時のケア方法で1番大切なことは、お風呂です。

お風呂に入る時間がない人は、シャワーで済ませてしまう人もいますが、入浴は美肌にはとてもいいので欠かせないのです。入浴することで、毛穴を綺麗にしたり、便秘が解消されたりしますし、血行が良くなるのでターンオーバーも活発になります。


冬は寒いので熱いお風呂に入りたいものですが、皮脂などが奪われてしまい逆効果なので、40度くらいのぬるま湯で、20〜30分くらい半身浴して体を温めるようにしましょう。

身体を洗う時も顔と同じでゴシゴシしないように気を付けてください。ゴシゴシしてしまうと、必要な皮脂や角質まで削り落としてしまい乾燥に繋がります。

入浴後も肌と同じでボディークリームなどで全身をしっかり保湿してあげましょう。

他にもありますが、お風呂は毎日入るものなので効果がありそうですね。

肌は、1年中色々な刺激が付き物ですが、1年で最も厳しいようなので、「冬だかな仕方ない」と思わず、冬に合ったケアしてあげることが大切です。

さまざまなことを気を付けて冬でも美肌でいられるようにしましょう。脱毛をするといいみたいですよ。医療レーザー脱毛